ハァハァハァ!熟女に会える場所と言えば熟女キャバクラ

現代日本において、熟女の需要は確実に増えつつあるようだ。
街を歩けば、熟女と出会える場所をそこかしこに見つけることができる。
そんな場所を探している男性はもちろん、女性も決して少なくないだろう。
熟女が求められる場所や、オトナの女性が輝く場所がどこにあるのかを紹介していきたい。

まず会える場所で思い浮かぶのは熟女キャバクラ

働くまでのハードルが高くなく、実際に職に就いてみれば楽しさや充実感も感じられるのが、いわゆる「熟女キャバクラ」だ。
熟女に興味を持ってしまったボクのような男は、ここに行けばオトナの落ち着いた女性と出会うことができる。

最近、この熟女キャバクラが増加傾向にあるらしい。
結婚しない女性や離婚する女性が増えてきたことで、1人でも生きていかなければならず、止むを得ず夜の世界に飛び込む女性もいるだろう。

一方で、人と話すことに喜びを感じ、楽しみながらお金が稼げるというナイトワークならではのメリットに魅力を見出し、この世界を選ぶ熟女も少なくない。

それ以上に、世の男性たちが、熟女を求めていることがこの熟女ブームの何よりの要因だ。
需要がなければ供給が生まれないことを考えれば、これは間違いないだろう。

多様化する熟女キャバクラのコンセプト

似たようなサービスを提供するお店が増えてくれば、生き残りをかけて差別化が加速化するのが世の常だ。
熟女キャバクラも、すでにその流れに乗っているように感じる。
多様化が進んでいるのだ。

・高級熟女キャバクラ
・人妻系熟女キャバクラ
・和装系熟女キャバクラ
・ぽっちゃり系熟女キャバクラ

若い女性の働く一般的なキャバクラでもこのようなコンセプトの多様化が進められているが、それがそのまま熟女キャバクラにも影響を及ぼしていると言って間違いない。
つまり、男性側からすれば選べる楽しみが増え、女性側からすれば、自らの個性に合ったお店で働きやすくなるということだ。

特に赤羽は熟女キャバクラの宝庫

熟女キャバクラは、それなりに繁栄したエリアに多く立ち並ぶ。
郊外や地方にはまだ広がりきってはいない。
ただ、一般的なキャバクラやクラブのように、人口が多くオフィス街や地価の高いエリアに必ずしも集中しているとも限らない点に面白みが感じられる。

例えば、東京都内でもとりわけ存在感を放っている“熟女キャバクラ街”は、赤羽だ。
東京都内ではあるが埼玉県と隣接し、“都心”と呼べるほどのエリアではない。

しかしここが熟女キャバクラの宝庫となっている現状は無視できないだろう。
赤羽は、埼玉県内から上京した女性を受け入れ、上野や池袋あたりから都落ちとまでは言わないが、北上してきた人たちが集まり暮らしている街だ。
その影響で、この地でナイトワークに就く女性が急増しており、結果的に熟女キャバ嬢が集う街となっている。

特に東口エリアは賑やかだ。
赤羽一番街商店街や赤羽スズラン通り商店街などがあり、昔から賑やかさはあった。

昭和の雰囲気も漂う街にあって、熟女キャバクラの誕生と発展はごくごく自然な流れだったのかもしれない。

すでに熟女のイメージが定着しつつある赤羽は、ボクのように熟女に魅了されつつある男とともに、日本全体を元気にするためのヒントを発信してくれていると言っても過言ではないだろう。

赤羽の熟女キャバクラで一押しの店をピックアップしてみたので、是非参考にしてもらえたら嬉しい。

身近の熟女といったらやっぱりスナック


画像引用元:https://snack.contentz.jp/

キャバクラよりも気軽に利用できる夜のお店といえば、スナックを忘れることはできない。
より身近に熟女と会える場所だ。

スナックを「古くさい」というイメージで一蹴している人も多いようだが、これは間違った感覚だろう。
確かに昭和のイメージが根強く残ってはいるが、現代でもなお絶滅することなく生き残り、逆に客を増やしているスナックも続々出てきていることから見ても、ニーズが回復していると考えるのが自然だ。

最近では若い層もスナックを利用するようになってきており、通う側にとっても、そして働く側にとっても有意義な時間を提供してくれるスタイルとして注目を集めている。

熟女キャバクラが赤羽に増えてきていると述べたが、スナックはどちらかといえば、郊外や一本脇道を入ったところにあるお店だ。
だからこそ身近に感じられるし、男性にとってはキャバクラよりも経済的負担が少なく熟女に会えることも大きな魅力だろう。

そもそも熟女キャバクラとスナックの違いって?!

熟女が接客をしているお店として、熟女キャバクラとスナックを挙げたが、この両者の違いも整理しておこう。

当然ながら、キャバクラとスナックには違いがある。
これはお店に通おうと考える客側も理解しておくべきだが、ナイトワークに興味を持つ女性も知っておかなければならない。
性格的に合う合わないもあるだろうし、法律的な違いから働き方にも差が出てくるためだ。

法律とは言っても、難しく考える必要はない。
ここではできる限りシンプルに、熟女キャバクラとスナックの違いについて説明していく。

接客スタイルに違いあり

一番の違いとして挙げておきたいのは、やはり接客スタイルだ。
キャバクラは熟女系も含め、「接待飲食等営業」であると法律で定められている。

これは簡単に言えば、キャバ嬢が客の隣に座るなどし、お酒を飲むことが許されていることを意味している。
そのため、営業時間は基本的に午前0時までと決められている点も、キャバクラの特徴だろう。

一方でスナックは、「深夜酒類提供飲食店営業」である。
これも簡単に言えば、夜の時間帯にお酒を提供できる飲食店ということになる。
営業時間はキャバクラのように制限されず、24時間ずっと営業していても問題はないのがスナックの特徴だ。

説明したようにキャバクラは接待が許されている。
スナックはこれが許されていないため、接客は必ずカウンター越しに行わなければならない。
客と触れ合える距離での接客はできないことが、熟女キャバクラとの最大の違いと言えるだろう。

働く熟女にも見られる違い

熟女キャバクラで働く女性の多くは、独身者だ。
既婚者やシングルマザーも最近は増えてきてはいるが、スナックで働く女性と比較すれば、その割合は少ないと言えるだろう。

また、キャバクラを選択する女性は人と接することが好きな傾向が強く、大勢で楽しむことに抵抗のない女性が大半を占めている。
スナックにもそのような女性は働いているものの、どちらかと言えば落ち着いた場を好む女性が多い。
これは、同じ熟女でもスナックで働く女性の方が若干年齢層が高いことも関係しているのかもしれない。

さらに、熟女キャバクラで働く女性は、よりお金を必要としている傾向も見られる。
確かにスナックよりも時給が高いお店が多いため、こうした傾向が出てくることも、ごく自然なことだろう。

熟女ブームで求人が殺到中の風俗業界

熟女の需要が増えていることは述べてきた通りだが、風俗業界も例に漏れず、今熟女が熱い!

熟女を集めた風俗店もキャバクラ同様に急増する傾向が出てきており、それに通う男性たちも老若問わず増えてきているのだ。

セクキャバやおっぱいパブと呼ばれるような業態から、デリヘルやソープランドまで、熟女のニーズは増すばかりだ。
熟女もののAVの人気もとどまるところを知らず、人妻ものなども含め、作品タイトルの増加と多様性が顕著になってきている。
特にAV業界では、キャバクラなどよりもさらに高齢の女性も支持されてきており、その幅は広がるばかりだ。

現在の状況を考えると、この熟女ブームが収束することはしばらくないだろう。
むしろニーズはさらに加速し、熟女の活躍の場が増えることは、まず間違いない。