夜職未経験のアラサー女性は熟女キャバクラしか選択肢がないのか

選択肢①アラサー女性が中心に働く『姉キャバ』

キャバクラで働くことに興味はあるが、“熟女キャバクラ”というネーミングに抵抗を持っていたり、熟キャバのみでは選択肢が少ないと感じる女性に紹介したいのが『姉キャバ』だ。

この姉キャバでは、20代の後半から30代の前半、つまり“アラサー”と呼ばれる年代の女性が中心となって働いている。

熟女キャバクラとの明確な線引きはないが、それよりも働く女性の年齢が若く、しかし一般的なキャバクラよりも働く女性の年齢が上であることが多い。

お店のコンセプトとして、「少々落ち着いた年齢の女性が働く店」としてこの姉キャバを掲げているところは少なくない。

まだ20代であることを強く意識しているか、もしくは30代にはなっているけれども20代の時と顔立ちやスタイルや気持ちの面で全然変わっていないと思っているなら、この姉キャバを選択するのもいいだろう。

姉キャバであれば、ナイトワーク未経験の女性でも受け入れてくれる体制が整っている店舗が多いため、初めて勤める先としても良い選択肢となるはずだ。

選択肢②キャバクラ未経験者が多く働く『半熟キャバクラ』

20代という年代を過ぎた女性が働くキャバクラには『半熟キャバクラ』と呼ばれるカテゴリがある。

これも明確な定義はないが、上で紹介した姉キャバと、熟女の働く熟女キャバクラの間に位置するコンセプトのお店と考えておくといいだろう。

年代で言えば、半熟キャバクラは30代前半から半ばあたりまでの女性が多く働いている傾向があり、中には30代後半のアラフォー世代ではあるが、見た目やスタイルが若く見える女性も働いていることがある。

特徴は年代だけではなく、キャバ嬢未経験者が多いことだろう。
半熟キャバクラは、そのコンセプトからも少し中途半端な雰囲気は否めないが、そうしたこともあってかキャバクラで働いた経験の一切ない女性にとっても門を叩きやすい環境が整っていると言えそうだ。

もちろん、中途半端な雰囲気はこちらが勝手に感じているだけであり、実際にはしっかりとした接客と、30代の女性らしい落ち着いた雰囲気を提供している。

「もう決して若いとは言えないかもしれないけど、まだまだ熟女とは言わせない!」そんな気持ちを持った素人女性が半熟キャバクラで働くと、その持ち味を発揮することができるのかもしれない。

選択肢③ノルマ無しで働ける『派遣のキャバクラ』

キャバクラで働くことを希望している女性の選択肢の一つに、『派遣キャバクラ』がある。

通常キャバクラ嬢はそれぞれの店舗に在籍し働くことになる。
派遣キャバクラはそれとは異なり、在籍店舗を持たず、出勤の度に働く店舗を変えることが可能なのだ。

店舗に在籍するわけではないため、派遣元である派遣会社へと登録し、好きな店舗や時間を選択し仕事をすることになるが、この派遣キャバ嬢を選ぶ最大のメリットは、ノルマ無しで働けるところだろう。

店舗に在籍すると、その多くでノルマが発生する。
指名ノルマや売上ノルマ、出勤ノルマや同伴ノルマなど、その数は未経験者が思っている以上に多い。

派遣キャバクラは店舗に在籍していないので、そうしたお店独自のノルマに縛られることはない。
もちろん派遣元からもノルマは課せられないため、そうしたプレッシャーから解放されながらお仕事ができるのだ。

熟キャバや姉キャバの店舗と提携している派遣元も増えてきているため、そうしたところに登録することで、未経験者でも安心してキャバ嬢となることができるだろう。

ある程度経験を積んでから熟女キャバクラで働くのもあり

熟女キャバクラへと遊びに来る男性は、何よりも癒しを目的に訪れているはずだ。
接客してくれる女性は、もれなくキャバ嬢経験者だと思っていることだろう。

そのため、全く未経験の女性は熟キャバで働くのは少々ハードルが高いかもしれない。
もちろん、未経験でも人とおしゃべりするのが好きだったり容姿やスタイルなどに自信があれば、いきなり熟女キャバクラで働くのも問題はないしチャレンジしてもらいたいが、男性客の望む接客やサービスに応えるのは案外難しいものだ。

キャバクラ以外の接客業や、あるいはノルマなどがない派遣キャバクラなどで経験を積んでから熟女キャバクラで働く形も選択の余地があるだろう。
体験入店などを繰り返し、経験を積みながら在籍する店舗を探すのもいいかもしれない。

自分にとってどのような選択がベストなのか、あるいはベターなのかを考え、選択肢を絞り込んでみよう。
それぞれに合った道が、必ず見つかるはずだ。

こちらの記事もおすすめ