【同情するなら金をくれ】熟女キャバクラはどれくらい稼げるのか

安い熟キャバ店と高級熟キャバ店の平均時給

熟女キャバクラが増えるのはいいことだ。
そのためには、キャバクラで働きたいと考える熟女が増える必要がある。
しかし、給料が稼がなければ、わざわざナイトワークで精を出そうなどという女性は増えないだろう。

ここでは、熟キャバではどのくらいの給料を得ることができるのかを紹介していくことにする。

リーズナブルな熟キャバ店の時給相場

利用料金が安い熟女キャバクラの場合、2,000円から2,500円程度が時給の相場となっている。
キャバクラという形態をとっているお店であれば、2,000円を下回ることはまずないが、セット料金や指名料を安く設定している店舗では、2,000円台が時給の相場となるだろう。

高級な熟キャバ店の時給相場

ラグジュアリーなイメージや質の高いサービスを売りとしている、いわゆる高級熟女系キャバクラ店の時給相場は、3,500円から4,000円といったところだろう。
利用料金を高く設定している分だけ、キャバ嬢にもしっかりと還元される給与システムとなっている。

熟キャバで稼げる金額は普通のパート以上キャバクラ未満

熟女キャバクラの時給相場を紹介したが、人それぞれ感想の持ち方は違うかもしれない。
しかし確実に言えることは、「しっかりと稼ぐことはできる」ということだ。

普通のアルバイトやパートなどと比べてみよう。
スーパーやコンビニ、居酒屋やファストフードなどでパートとして働く場合、東京のど真ん中であっても、平均的な時給額は1,100円ほど。

深夜の時間帯であれば、手当などが付くためもう少し上がるかもしれないが、それでも1時間で1,500円を超えることは稀だ。

しかし、熟女キャバクラであれば、安い店舗であっても2,000円は超えてくる。
確かに若いキャバ嬢は時給額で5,000円や6,000円を稼ぐことも珍しくはないため、それにはさすがに及ばないが、高級店であれば熟キャバでもそれに迫るほどのお給料は受け取ることができるだろう。

“熟女”と呼ばれる年齢になっても、これくらいは十分に稼げるのが現実。
ニーズが増えてきていることを考えると、若いキャバ嬢と同じくらい稼ぐことも難しくはないはずだ。

指名料やドリンクバックでさらに稼ぐ事も可能

キャバクラ嬢が受け取れる給料は、時給の分だけではない。
それにプラスして、指名料やドリンクのバックも受け取ることができる。

これもキャバクラでの勤務を積極的に選んでもらいたい理由の一つ。
通常のアルバイトやパートにはない魅力でもあるだろう。

客からの指名が入れば、その度に“指名バック”と呼ばれるボーナスを受け取ることができる。

数百円から1,000円程度ではあるが、1時間の間に2人の男性から指名されれば、それだけで2,000円前後が加算されるという仕組みだ。

時給が3,000円なら、合わせて5,000円。
こんな魅力的な給与システムはないだろう。
同じように、客がボトルを入れてくれたりドリンクを頼んでくれれば、その売り上げや数量に応じて、やはりボーナスが入ってくる。

熟女キャバクラでも月に100万円以上を稼ぐことが可能なのは、こうしたバックで稼ぐことが可能なためだ。
熟女の魅力を全面に押し出して、ぜひこのくらい稼げる熟キャバ嬢に増えてもらいたいと心から願わずにはいられない。

こちらの記事もおすすめ