【熟キャバ面接担当に聞いた】求人に応募した後の面接で注意すること

熟キャバの店舗情報や求人情報をゲットしても、面接で良い印象を持ってもらえなければ意味がない。
そこで、熟キャバの面接担当者に、面接時の注意点やチェックポイントを聞いてきた。
もし本気で働いてみる気があるなら、しっかりと確認した上で面接へと臨んでもらいたい。

熟キャバの面接では見た目が重要!痛々しい見た目にならないように

熟女キャバクラとは言っても、やはり見た目が非常に重視される。
熟女というだけで面接にパスできるほど、緩い採用基準にはなっていないことは知っておくべきだろう。

年相応の服装とメイクを心がけよう

見た目が大事と言っても、派手で目立つ格好をしていけば良いというわけではない。
普通のキャバクラならそれでも良いかもしれないが、熟キャバの場合には、年相応の服装をしていくことが求められる。
“熟女”や“大人の女性”を意識させるコンセプトでお店を営業しているためだ。

色合いはシックなものを身につけ、肌の露出もほどほどにしておこう。
肌を出してはいけないわけではないが、あまり露出が多いと無理している感が出てしまうので注意しなければならない。

同じように、メイクも落ち着いた雰囲気を意識しよう。
どちらかといえばナチュラル系の方が、熟キャバではウケが良い。
ギャルのするような太いアイラインや過剰に塗ったチーク、派手なカラコンなどは避けるべきだ。

美しい姿勢と仕草がポイント

見た目は、服装やメイクだけにとどまらない。
大人の凜とした雰囲気を演出するには、美しい姿勢と仕草が重要となる。

・背筋を伸ばす
・脚は開かない
・身振り手振りは小さく少なめに
・指先まで揃えておく
・笑うときは上品に

慣れていないと難しい仕草などもあるかもしれないが、熟キャバに勤める女性が猫背だったり下品な笑い方をしていれば、客は引いてしまうだろう。
当然、面接官もそのような女性を雇おうとは思わない。
痛々しい印象を与えないよう、服装やメイクとともに、こうした部分にまで気を付けておく必要がある。

熟キャバの求人情報の疑問は面接時に前もって聞いてほしい

面接は、コミュニケーションの場だ。
面接官としては、「疑問があれば、できるだけ早く聞いてもらいたい」と思うのも当然だろう。
ましてやキャバクラ嬢というのはコミュニケーション能力が必要となる。

熟キャバであればなおさらその能力が求められるため、面接では自分の持っている疑問について、しっかりと面接官にぶつけておくべきだ。
それによって印象が良くなることはあっても、決して悪くなることはないので安心しておこう。

・時給や待遇に関すること
・接客や仕事内容に関すること
・シフトや勤務に関すること

求人情報に関する疑問は、聞かなければなかなか解決しない。
本入店した後に、「思っていたのと違った」などと感じれば、それは女性にとってもお店にとってもマイナスでしかない。
そうならないためにも、気になることがあれば面接時に前もって聞いておくべきなのだ。
遠慮せずに聞いておいた方が、むしろ印象は良くなることも知っておいてもらいたい。

夜職未経験の人に多い!面接での言葉遣いに気を付けて

見た目の印象と同じくらい重要視されるのが、面接中の言葉遣いだ。
言葉は内面が現れてくるため、これが乱れていると採用は遠のいてしまうだろう。
特に、大人の女性が多く働くことが何よりも男性へのアピールポイントになっている熟キャバでは、この言葉遣いが面接に合格するための最重要点になってくることは間違いない。

年齢に見合った言葉遣いを心がける

言葉を使うときに一番気にしたいのが、年齢に見合っていること。
熟キャバに勤めるような年齢の女性が、若者言葉やネットスラング、ギャル語のようなものを使っていたら、採用される可能性はかなり低くなってしまうだろう。
そんな女性を熟女キャバクラ店は求めていないからだ。

正しい日本語を使い、常に敬語で面接官とコミュニケーションを取らなければならない。

また、否定的な表現はできるだけ避けることも意識してみよう。
否定することが癖になっている人は面接でもそれが出てしまい、接客時にも男性客の言ったことを否定する可能性が高いためだ。
面接官は、そうした点もしっかりと見ているぞ。

知的に見せようとし過ぎないことも大切

大人の女性であることを見せたがり過ぎるのも禁物だ。
特に、知的な女性に見せようとすると、ボロが出る可能性がアップするので気をつけること。

・専門用語を使わない
・カタカナ表現は極力避ける
・不確かな情報は伝えない

知的に見てもらいたい気持ちが強くなると、ついつい上で挙げたようなことを破りがちだ。
上から目線になってしまうことも多いので、自然な会話ができ、誰とでもコミュニケーションが取れることをアピールすることに意識を集中させよう。

熟キャバで働きたい動機や目標がお金に絡むことばかり

「この仕事を選んだ動機は?」という質問は、面接官から必ず聞かれるだろう。
このとき、できるだけお金に絡んだ話は控えておきたいところだ。
若い女性であれば、それがモチベーションとなることも多く、面接官も理解してくれる傾向がある。
しかし、大人の女性がお金に絡むことばかりを口走るのは、あまり印象が良くない。

「接客業に興味がある」
「人と話すこととお酒を飲むことが好き」
「コミュニケーション能力を上げたい」
「若い頃から憧れがあった」

貯金がしたいとか、お金が必要だということを伝えるのがNGという訳ではないが、それよりも上で挙げたような動機や目的を強調しておくと、より良い印象を持ってもらえるだろう。

熟キャバの面接で聞かれがちな定番質問

熟キャバへと応募した動機に関する質問の回答例は、上で紹介した通り。
それ以外で、ほぼほぼ間違いなく聞かれる定番の質問をピックアップしておこう。

Q.週に何日、1日何時間働ける?

シフトに関する質問はマストだ。
できるだけ入れることをアピールしたいが、受かりたいがために、絶対に入れない日数と時間数を言うのは避けておかなければならない。
本入店後に嘘がバレれば働きにくくなってしまうためだ。
実際に出られる最も多い日数と時間数を答えておくといいだろう。

Q.希望の時給や待遇は?

待遇に関する質問も、必ずと言っていいほど聞かれる。
答え方はいろいろあるが、基本的にはお店側に任せるのが吉。
「求人票に書かれている額をいただければ嬉しいです」と言っておけば印象は悪くならないし、暗に「求人票通りの金額はくれますよね?」というアピールにもなるだろう。

Q.ナイトワークの経験は?

これも100%聞かれる質問だが、嘘をつかないことが重要だ。
確かに経験者が優遇される傾向が強いが、よほどの高級店やキャストにこだわり抜いているお店でない限り、熟キャバの採用ハードルはそこまで高くはないだろう。

見た目や言葉遣いなどに注意すれば、未経験でも体験入店くらいはさせてくれるはず。
嘘をつけば、それだけで不採用になる可能性が大幅にアップするため注意しよう。
ただ、他の職種の経験も交えアピールすることはOKだ。

熟キャバの面接時に必要な持ち物

手ぶらで熟女キャバクラの面接に挑むことなどあり得ない。
必要な持ち物や最低限持っておきたいものについてまとめてみよう。

・身分証明書(運転免許証やマイナンバーカードやパスポート)
・手帳や筆記用具
・ハンカチやミニタオル
・ライター
・ポーチ
・化粧道具
・名刺入れ

念のために持っておきたいものを挙げてみたが、熟キャバの面接官が必ず持ってきてもらいたいと思っているのは、一番上の身分証明書だ。
熟キャバとはいっても、年齢確認がなければ採用はできない。
顔写真付きのも身分証を用意しておこう。

面接で言われたことをメモしておく手帳や筆記用具は必須だが、それ以外は面接後に体験入店を受ける場合にのみ持っていけばOKだ。

面接の応募時にそのあたりについても話を聞いておき、必要であれば面接後すぐに接客に入れるよう用意しておくといいだろう。

こちらの記事もおすすめ