内面編┃年下男性からラブコール!熟キャバで働く女性の内面から出る魅力

熟女の魅力は外見や仕草など、目に見えるところのみではない。
内面にも、若い女の子にはない魅力が満載だ。熟女キャバクラが好きな男性が、具体的にどの部分に魅力を感じているのかを整理してみよう。

内面の魅力①熟女は母性を感じさせる包容力がある

多くの男の人が熟女に感じているのは、ズバリ“母性”だ。
年代は問わないが、最近では若い男性が特に女性の母性に惹かれ、それが最も感じられる熟女キャバクラへと足を運ぶケースが多くなっている。

実際にボクも熟キャバへと行けば、20代や30代前半の若い男性が席を埋めている光景を目の当たりにすることが多い。
そうした人たちに話を聞くと、口を揃えて「母性が魅力だ」と語ってくれる。

「自分の弱いところを見せても優しさを失わず、時には包み込んでくれる」
「僕の欠点や失敗なども受け入れてくれる包容力がたまらない」
「若い女の子だったらバカにするような態度を取られるが、熟女はそんなことがない」

などと、若い男性は熟女の母性や包容力に完全にやられてしまっている形だ。

熟女キャバクラで働く女性たちは、男性に対して寛容であり、懐が深い。
客が愚痴っても嫌な顔はしないし、むしろ励ましてくれる優しい強さも持っている。
そんな熟女の内面に魅了されてしまうのは、この忙しい現代社会にあっては、もはや必然なのかもしれない。

内面の魅力②熟キャバの熟女は男の扱いに慣れている


画像引用元:https://attract-one.com/toshishita/

男性が好む仕草を、熟女はよく知っている。
それと同時に、熟女キャバクラの女性は、男の人の扱いに慣れているようで、男性たちはそれにも翻弄されているのだろう。

もちろんそれに対して不快感を感じることはなく、むしろ気持ちよささえ感じているからこそ、熟キャバへと通い詰めているわけだ。

熟女は、どのような言葉を発したら男性が喜ぶのかを知っているし、どのような場面でどのような言動を取れば客が気分良くなってくれるのかも熟知している。
客側は熟キャバへと、まさにそれを体験しに行っているようなものだ。

・とにかく褒めてくれる
・時に静かに話を聞いてくれる
・仕事の大変さやツラさなどを共有してくれる
・悪口は言わないが、味方になってくれる
・驚きや嬉しさを素直に表現してくれる

こうしたことを、ベストなタイミングで、男性が欲している瞬間に披露するのが熟キャバの女性たちだ。
こんなことをされてしまったら、熟女の良さを認めるしかないだろう。

内面の魅力③熟女は精神的に自立しているから一緒にいてラク

何よりも、熟女には余裕がある。
それは、精神的に自立し、何事に対しても冷静に対処できるからなのだろう。
そうした女性たちと一緒にいると、男性たちはとても気がラクであり、何よりも落ち着くのだ。

どんな話に対しても上手に合わせてくれる熟女たち。
向こうから過剰に距離を縮めてくることもなければ、ハードな売り込みや営業もほとんどない。

そんな余裕を装っているのではなく、実際にそうであると感じるからこそ男性も安心感を抱けるのだ。

この気楽さも、若いキャバ嬢と一緒にいては、なかなか味わうことができない。
依存されるよりも依存したい男性のオアシスこそが熟キャバであり、現代の男の人は喉の渇きを満たしに熟れた女性の元を訪れているのである。

こちらの記事もおすすめ