【いわゆるBBAはいないのだ】熟女キャバクラで働いている女性

世間でいう“熟女”とは何歳の女性のことなのか

女性にとって“熟女”という言葉は、ボクのような男が考えるよりもシビアなイメージなのかもしれない。
最近のボクには、いたって魅惑的な言葉に聞こえるが…。

ということで、世の中にとって熟女とは何歳くらいの女性のことを指すのか、あるいは、何歳から熟女となるのかについて、世間の声を集めながら考えてみることにする。

女性の考える“熟女”の年齢は?

まずは、女性の感覚を紹介しよう。
世の女性たちは、何歳から“熟女”になると考えるのだろうか。

・「20代後半。25歳を超えたら熟女でしょ」(10代/学生)
・「30歳から。あとは衰えていくだけ」(21歳/アパレル店員)
・「35歳を超えたら熟女かな。少なくとも若くはない」(28歳/会社員)
・「40代から。30代はギリギリセーフ」(32歳/主婦)
・「40歳。“40”という数字には若さのカケラもないから」(30代/飲食店勤務)
・「40代の半ばあたりから熟女。40代前半と30代後半はそこまで変わらないのでは?」(38歳/薬剤師)
・「50歳かな。さすがに体にもガタがきて、女性としての魅力もなくなってくる」(42歳/主婦)

女性に話を聞いてみると、ある傾向が見えてくる。
「私の年齢はまだ熟女ではないが、その一つ上の世代からは熟女だ」という意見だ。
女性として自分が熟女であることは認めたくはないが、すぐに来るであろう年代に対しては女性はシビアな見方をしていると言えるだろう。

男性の考える“熟女”の年齢は?

次に、男性の感覚がどうなのかを紹介していく。
果たして、女性との違いが現れるのだろうか。

・「30歳かな?女優さんとか見てると20代後半とか30歳過ぎても全然イケるけど」(20歳/学生)
・「33歳とか。32歳はギリギリ若い。33歳過ぎると大人のエロさが出てくる気がする」(22歳/フリーター)
・「熟女は38歳くらいから。今の自分の年齢から考えるとそのくらい」(31歳/会社員)
・「40歳から熟女。大台を超えたって感じだから。違う魅力が出てくるけどね」(36歳/飲食店経営)
・「30代後半から40代前半あたり。人によって違うけど、まあこのあたりかな」(40歳/WEBデザイナー)
・「熟女のスタートは40歳。いい意味で、このくらいから徐々に熟れていくイメージ」(45歳/自営業)
・「45〜46歳かな。さすがに若々しさが薄れてくる年齢でしょ」(50代/会社員)

男性は、女性ほどの幅は見られなかった。
興味深かったのは、女性よりも熟女に対してポジティブなイメージを抱いている人が多い点だ。

女性は熟女になることを避ける傾向があるが、男性は熟女に好感を持つ人も多く、若い女性とは別の魅力を感じる対象となっているのかもしれない。

ボーダーラインは40歳あたりだが…

熟女キャバクラや熟女に対する取材を行う中で、こうしていろいろな世代の一般の人にも意見を聞いたのだが、ボク個人としては、熟女になるボーダーラインは40歳あたりだと結論づけた。

「40歳から熟女」、これを一つのスタンダードとして考えていくことにしよう。

もちろん価値観はそれぞれだ。
30代後半ですでに熟女と認定したいという声も多く、世間での意見は割れるだろう。

ただ、男性からすれば熟女に対してマイナスの感情を抱くことはほとんどなく、むしろ好意的だ。
女性は熟女という言葉や響き、そして年齢に対して悲観する必要は、もうないのではないか。
熟女=BBAではないと、そう認識しても何ら問題はないだろう。

熟女キャバクラには20代後半の女性も働いている

世間の声を総合すると、熟女は40歳あたりからという結論に至ったが、しかし、熟女キャバクラに足を運んでみれば、この結果とはまた異なった光景が目の前には広がることになる。
そこで働く女性たちは、とても若いのだ。

“熟女キャバクラ”と聞けば、シワをべったりメイクで隠し、肌の露出も抑え、胸が垂れるのを衣装などで必死に隠し、少し姿勢の悪くなった女性が働いているとイメージする人もいるかもしれないが、全くそんなことはない。

20代半ばから後半の女性も普通に働いており、そこにはとても明るく若々しい雰囲気が漂っている。

キャバクラを卒業したアラサー女性の受け皿としても機能

熟女キャバクラは、何も40代や50代の女性ばかりが働く場所ではない。
もちろんそのようなコンセプトのお店もあるだろうが、少数だろう。

一般的なキャバクラを卒業した30歳前後の女性や、あるいは一度キャバクラから離れたけれども戻ってきた女性の受け皿的な役割を果たしているのが、この熟女キャバクラなのだ。
もちろんキャバ嬢未経験者も多く働いている。
「自分の歳で未経験だと需要がないだろう」と考えるのは、少し早いかもしれない。

熟女キャバクラの受け皿はとても大きく、あらゆる女性を受け入れてくれるため、やはり「熟女キャバクラ=おばさんキャバクラ」というイメージを持つことにはあまり意味がないだろう。

人妻や子持ちの女性も多く働いている

“熟女”という言葉の中にはあらゆる意味が含まれていることがある。
その一つが、“人妻”だ。

男性の多くは、その二文字に異様な興奮を覚える。
年齢的には若くても、結婚しており誰かの妻となっていれば、それは熟女にも似た妖艶さと品を感じるものだ。

もう一つ、“子持ち”の女性も、人妻と同じような感覚で捉えられることが多いだろう。
子供を産んでいるという事実は、暗に「もう若くはない」というイメージを持たせる効果がある。
やはり熟女に近い感覚を持たれることが多く、そのため、人妻や子持ちの女性は熟女キャバクラで高いニーズを誇っているのだ。

人妻や子持ちの女性が熟女キャバクラで働く理由は、主に3つだろう。

・一般的なキャバクラよりも需要が高い
・一般的なアルバイトよりも稼ぐことができる
・夫以外の男性との接点に喜びを感じている

男性からのニーズが確かに感じられ、加えて、精神的に満たされながら普通のアルバイトやパートなどよりも稼ぐことができるわけだ。
こんなに魅力的な仕事はないだろう。

また、熟女キャバクラは人妻や子持ちの女性を積極的に採用している。
それはもちろんニーズがあるからなのだが、熟女というコンセプトにピッタリの雰囲気を出すことができ、独身女性よりも仕事を丁寧に行う傾向があるからだ。

世間が思うほど、熟女キャバクラに熟女はいないのが現実だ。
年齢も性格も落ち着いてきた女性は、こうしたコンセプトのお店に焦点を当てながら仕事を探してみるのもいいのかもしれない。