美熟女の美の秘訣を熟キャバで働く女性に聞いてみた!

ここからは、実際に熟キャバで働く“美熟女”に、その秘訣を語ってもらうぞ。
女性は、自分とどのくらいの意識の違いがあるのか比べてみよう。

熟キャバで働く美熟女①サキさん(39歳)の美の秘訣

私はもともと自分の見た目にコンプレックスを持っていました。
特に顔に。
それでも熟キャバに採用してもらったのは嬉しかったですね。
おしゃべりは好きだったし、どんな人とも笑顔で話せる自信はあったので、それが採用へと繋がったのかもしれません。

ただ、キャバクラで働き出してみて、周囲はキレイな女性ばかりでびっくり!
もともとコンプレックスを持っていた見た目に、さらに自信が持てなくなってしまいました…。

それで、整形をしたんです。
かなり思い切った決断でしたけど、一緒に働いていた女性には整形を経験した人も多くて、情報などももらいながら「私もやろう!」って一大決心!

結果としては、やってよかったです。

自信が持てるようになったから。
その自信が私の場合はさらに良い方向に進みました。
美しくなることへの意識が高まったんです。
整形して終わりではなくて、そこからは毎日自分をキレイに見せるためのメイクや表情などを研究しています。

整形は一つのキッカケに過ぎなくて、やっぱり美しさを保つ秘訣は、「キレイになりたい!」という気持ちと、キレイになるための研究をして実践すること!
これですね。

熟キャバで働く美熟女②ユキコさん(45歳)の美の秘訣

40歳を超えたあたりから、「若い女の子には、やっぱり勝てないな~」と思い始めました。
そもそも若い女の子って、顔の作りがイマイチでも魅力的ですよね。
40歳を超えた私と、何が決定的に違うんだろう?と考えました。
私が導き出した答えは、“お肌の質”。

女性が美しく見えるかどうかは、お肌の質で決まることを発見したんです。
熟キャバで働く女性にもとても美しいと感じる魅力的な人がいて、その人は顔の作りやメイクも素晴らしいんだけど、他の女性とは圧倒的に肌質が違いました。
もちろん私とも。

それから私は、お肌の質をとにかく気にするようになりました。
今では定期的に美容皮膚科にも通っています。

クリニックでレーザーを使ってシミを取ってもらっていますし、肌に刺激を与えてハリが出るような施術も行っています。
もちろんエステサロンにも通ってますよ。
年齢が出やすい部分、例えば手の甲やかかと、デコルテや首筋、二の腕あたりは入念にお手入れをしてもらって、ハリやツヤが衰えないように努力しています。

当然、お金はかかります。
でも全ては美しさを追求するため、保つため。将来の自分に対する投資ですね。
お金を惜しまずに自分に投資することで、必ず輝く未来がやってきます。
実際に、私はもう45歳という年齢になりましたけど、年下の男性からもたくさん指名をもらえていますから。

何よりも、モチベーションが上がりますよね。
この気持ちの持ち方が、私の美しさの秘密かな。

熟キャバで働く美熟女③マナミさん(43歳)の美の秘訣

「美の秘訣は?」って聞かれると恥ずかしいですけど…。
そうですね、日々の細かな節制ですね。

熟キャバに勤めてるので、お仕事ではもちろんお酒は飲みます。
でも、プライベートでは飲みません。
暴飲暴食はせずに、体に良いものをバランスよく食べることを心がけてます。

体って、やっぱり食べたもので作られるんです。
野菜を食べて、お肉もお魚も食べて、果物もしっかりと食べて、たくさんの品種をたくさん食べるようになってから、体調とお肌の調子が格段に良くなりました。

こうやって内面から美しくなること、これを心がけています。
もちろん、水分もしっかりと摂りますよ。
お菓子はほとんど食べません。
やっぱり砂糖などの糖質は体にあまり良くありませんから。

私の場合、運動もしています。
パーソナルトレーナーについてもらって、月に10万円以上しますけど、体幹を中心にしっかりと鍛えています。
新陳代謝が良くなって、これも若々しさを保つ秘訣になっていますね。

おかげでドレスが似合う体型になれました。
正直、熟キャバで働き始める前はお尻のお肉とかも落ちてましたけど、今ではタイトなドレスも自信を持って着られています。