【母なる大地を求めて】熟女キャバクラに通うお客さんの傾向

熟女キャバクラのニーズは、実際のところどこにあるのか。
これについて気になる人は多いだろう。
今回は、熟女キャバクラに足繁く通う人のタイプや価値観についてまとめてみる。
熟キャバでのお仕事を検討している女性には、ぜひ参考にしてもらいたい。

キャピキャピ感が苦手な中高年のお客さん

熟女キャバクラには、当然のように中高年の男性もよく顔を出している。
中高年と呼ばれるような年代の男性の場合は、単純に若い女性が苦手なケースが多い。

特に苦手意識を持っているのが、“キャピキャピ系”のキャバ嬢だ。
ギャル系や、何を考えているのかよく分からない天然を売りにした女の子なども含まれるだろう。

こうしたキャバ嬢と中高年の男性は、とにかく会話が続かない。
会話のキャッチボールもままならず、客側としては、ストレスを抱えたままお店を後にすることも多い。
当然だろう、世代が違えば気になる話題やトークのテンポ、微妙な言葉遣いも異なってくる。

特にキャピキャピとした女の子は独自の世界観を持っていることも多く、中高年の男性がそれについていけるわけがないのだ。

そこで選ばれるのが、落ち着いた女性が接客してくれる熟女キャバクラだ。
トークテーマやテンポ、フィーリングなどが合うか、もしくは近い女性と話せるため、若い女性が苦手な男性にとっては熟キャバはありがたい存在となっているのである。

年上女性が好きな若い男性客

熟女キャバクラに目がないのは中高年の男性ばかりではない。
年上の女性との接点を探している若い男性も、熟キャバに魅了されている。

一緒にいると安心感があり、全てを受け止めてくれる、あるいは受け入れてくれるような包容力を感じたくて熟女に会いにキャバクラへと通っている男性は少なくない。

むしろ、20代や30代の若い世代は確実に増えてきている。
熟キャバに行けば、そこかしこで若い男性が接客を受けており、むしろ中高年よりも割合が多い日や店舗も珍しくはないだろう。

決してナヨナヨっとしているわけではない。
しっかりとしていそうなサラリーマンやイケメンも多い。

ただ、仕事で一生懸命働いているからこそ、仕事以外の時間は年上の女性に癒されたい、褒められたい、共感してもらいたいという欲求が出てくるのだろう。
この気持ちは痛いほどわかる。

熟キャバに通う若い世代はこれからも増え続けていくに違いない。

熟女キャバクラはマザコンの男性にも人気

若い世代か中高年かに限らずマザコンの男性からも、熟女キャバクラは一定の人気を獲得している。

熟女キャバクラで働く女性の中には、実年齢こそ若いが精神的に成熟している女性も多く、また、人妻やママさんキャバ嬢も少なくはない。
そうした人たちからは、より母性が感じられるだろう。
そこに大きな魅力を感じ熟女キャバクラへと通っている男性は、大なり小なりマザコンの気があるはずだ。

こうした男性の場合には、熟女と話している際に少し甘えたり、口調が子供っぽくなる傾向がある。

ただ、単純に年上女性が好きな男性とは異なり、いやらしい目で熟女キャバクラ嬢のことを見ているケースは少ないだろう。
これは、マザコン男性であるが故の特徴なのかもしれない。

熟女キャバクラに通う男性客のリアルボイス

ここで紹介するのは、熟女キャバクラにハマってしまった男性たちの声だ。
リアルな声を聞けば、貴方が熟女キャバクラに持っているイメージが覆るかもしれない。

リアルボイス①

僕は、熟女キャバクラというものに全く興味を持っていなかった。だって、“熟女”だよ?接客するのは口うるさいオバさんで、こっちには気を遣うこともなくガヤガヤ話すだけ話して、別に色気も何にもなく、ただやかましいだけの女性が隣に座るお店だって普通思うでしょ?

と語るのは、20代の会社員。
では、その彼がなぜ熟女キャバクラに通うようになったのか。

僕を熟女キャバクラに連れて行ったのは会社の上司でした。悪くないよって言われても、僕の頭の中には大阪のオバさんみたいなイメージしかなかったから、全然乗り気じゃなかったんです。でも、行ってみたら全然違った!接客してくれたのは落ち着きのある綺麗な女性で、僕よりも年は上だけど、余裕で性の対象として見られるくらいの人が接客してくれました。僕の彼女との結婚についての相談にも乗ってくれたし、でも男性である僕の意見を否定することなく、むしろちゃんと肯定した上で貴重なアドバイスをくれたりして、ただただ女性と過ごす以上の有意義な時間を過ごすことができたんです。それからですね、熟女キャバクラにハマったのは。年上の女性って、マジ最高ですよ!

リアルボイス②

私は、そろそろ40歳になろうとしているのに、結婚もしていなければ彼女もいません。自分に自信がなかったんです。そんな私を見かねた友人が誘ってくれたのが熟女キャバクラでした。そういうお店にすら行ったことがありませんでしたが、この熟女キャバクラが私の人生を変えたと言っても過言ではありません。

30代後半の男性は、熟女キャバクラに行ったことで、どう人生が変化したのだろうか。

お店の女性のことを好きになってしまったんです。最初は普通に話しているだけでした。でも、話を聞いてもらううちに、私のことを認めてくれるし、私の良いところを探してくれたりして、徐々に自信が湧いてきたんです。女性にこんな気持ちにしてもらったのは、生まれて初めてでした。この恋が上手くいくかどうかはわかりませんが、例え上手くいかなかったとしても、自分の気持ちをポジティブなものに変えてくれた熟女キャバクラにはとても感謝しています。

こちらの記事もおすすめ